統計見えマップ

使い方・動作環境

トップへ戻る
トップへ戻る

1.基本の使い方

A

PC・タブレットの場合

① タブで地図を切り替えられます。

② 地図の拡大・縮小ができます。

③ レイヤーモード:レイヤーの重ね合わせや、ベースマップの切り替えができます。

④ NEXT STEP:地図の色や階級区分の変更ができます。アカウントがあれば、データの追加、オリジナルの地図作成、作成した地図の保存、各種解析機能を利用することもできます。

2.レイヤーモードの使い方(使用する端末によってボタンの配置が異なります)

① 地図の拡大・縮小ができます。

② 地名の検索ができます。

③ ベースマップの変更ができます。

④ レイヤーの切り替えができます。(下図も参照)

⑤ 公開されている他の地図を検索して、重ね合わせることができます。

⑥ レイヤーの表示・非表示ができます。

⑦ 地図の透明度の設定をします。

3.NEXT STEPの使い方(※この機能はスマートフォンでは使用できません)

① レイヤーを一覧表示できます。レイヤーをドラッグすると順序を入れ替えることができます。

② レイヤーの表示・非表示ができます。複数のボタンをチェックすると地図の重ね合わせ表示ができます。

③ ベースマップの変更ができます。

④ 凡例を表示できます。

⑤ 印刷ができます。

⑥ 地図の色や階級区分の変更、図形の大きさの設定などをすることができます。

⑦ 地名の検索ができます。

⑧ 距離の計測ができます。

⑨ 地図の拡大・縮小ができます。

そのほか、ArcGIS Online の使い方は、下記Webページをご覧ください。

『ArcGIS Online 逆引きガイド(PDF)』
https://www.esrij.com/cgi-bin/wp/wp-content/uploads/documents/ArcGISOnline_user_guide.pdf

4.Q&A

Q

地図が表示されません

A

以下の2通りに分けて対処法をご紹介します。

A1. 画面は表示されていて地図だけが表示されない場合は以下をご確認ください。

  • 下記動作環境に記されている対応ブラウザの最新版を使用しているかどうか。
  • インターネットの回線状況に問題が無いかどうか。
  • セキュリティソフト等の影響によってArcGIS Onlineへの接続に制限がかかっていないか。
  • それでも解決しない場合、ブラウザのキャッシュやCookieを削除して再読み込みを行ってください。なお、ブラウザのタブを開きすぎていたり、他のアプリケーションを開いていたりすると表示速度が遅くなることがあります。

A2. 画面そのものが全く表示されない場合は、ArcGIS Onlineのメンテナンスやバージョンアップ等により、統計見えマップ自体が閲覧できない可能性が考えられます。「お知らせ・更新情報」にて、可能な限り事前にお伝えいたしますので、そちらのページもご確認お願いいたします。

Q

自分で色や階級区分を変更した地図を保存したい

A

ArcGIS Onlineのアカウントを取得することで保存することができます。小中高校の児童・生徒と学校の先生は「小中高利用支援プログラム」を活用することで無料でArcGIS Onlineのアカウントを取得できます。「小中高利用支援プログラム」は帝国書院では扱っておりませんので、ESRIジャパン株式会社のウェブサイト(https://www.esrij.com/products/k-12-grant/)をご覧ください。

Q

統計見えマップの地図をKMLファイルに出力してGoogle Earthで使用したい

A

「小中高利用支援プログラム」に加入すると使用できるソフトウェア“ArcGIS Pro”を使用して、KMLファイルに変換することも可能です。ただし、本コンテンツを使用して作成した成果物を第三者へ公開することは禁止しておりますので、あくまで授業の範囲でご使用ください。なお、「小中高利用支援プログラム」の詳細につきましてはESRIジャパン株式会社のウェブサイト(https://www.esrij.com/products/k-12-grant/)をご覧ください。

Q

ArcGIS Onlineにサインインをするとどのようなことができますか?

A

アカウントを取得することで、作成した地図の保存、ユーザーが所有している統計データの地図化、ArcGIS Online上に公開されている日本・世界の様々な地図データの追加、各種分析・解析機能が利用できます。「小中高利用支援プログラム」の利用で小中高校の児童・生徒と学校の先生は無料でアカウントを取得できますので、ESRIジャパン株式会社のウェブサイト(https://www.esrij.com/products/k-12-grant/)をご覧ください。

Q

統計はいつ頃更新されますか?

A

毎年2~3月に新年度用の統計に順次更新する作業を行う予定です。作業予定につきましては「お知らせ・更新情報」のページをご覧ください。

Q

地図投影法は何を使用していますか?

A

統計見えマップではウェブメルカトル図法を採用しています。採用理由としては、ウェブの地図として一般的な図法であることや、地図を拡大して比較的狭い範囲を見る場合には形や面積がほぼ正確に表されるメリットがあるためです。しかし、小縮尺の地図では高緯度ほど面積が大きく表されるデメリットもあるため、世界全体の地図を見るときにはその点を考慮して読図する必要があります。

Q

レイヤーで重ね合わせられる統計を増やしてほしい

A

統計見えマップは今後も改良を重ねていく予定です。ご要望がございましたら帝国書院のお問い合わせフォーム(https://www.teikokushoin.co.jp/enquete/setup/)にてお申し付けください。

5.利用規約

Ⅰ.はじめに

  • 『『統計見えマップ』(以下「本コンテンツ」という)の使用には、本規約に同意していただくことが必要です。本コンテンツを使用された方は、本規約に同意したものとみなします。
  • 本コンテンツの著作権は、特別な出典等の記載がない限り、株式会社帝国書院(以下「当社」という)に帰属し、各国の著作権法・各種条約などで保護されています。
  • 本コンテンツはEsriのクラウドGISである“ArcGIS Online”および“ArcGIS StoryMaps”のテンプレートを使用して作成しています。
  • 本コンテンツ、および、リンク先のウェブアプリ/ウェブマップを使用された方は“ArcGIS Online”の利用条件にも同意したものとみなします。

    ★ArcGIS Onlineの利用条件

    https://doc.arcgis.com/ja/arcgis-online/reference/terms-of-use.htm

Ⅱ.使用範囲

  • 本コンテンツは『地理統計Plus -WebGIS付き-』の購入者本人のみ使用を認めます。
  • 授業の提示用として使用するためには、その授業を受ける全員が『地理統計Plus』を購入している必要があります。
  • 本コンテンツは生徒の学習をサポートするために作成したものです。そのため、学校の授業、もしくは、生徒の自主学習の場合のみ本コンテンツの使用を認めます。ただし、下記の禁止事項に抵触しない場合は、教育・学習が目的であれば本コンテンツの使用を認めます。

Ⅲ.禁止事項

  • 当社が許可をしていない者が本コンテンツへのリンクを作成する行為
  • 本コンテンツ、または、本コンテンツを利用した成果物を有償無償問わず第三者に譲渡または貸与する行為
  • 当社を含む著作権者の利益を不当に侵害する行為
  • 第三者又は当社に不利益若しくは損害を与える行為又はその恐れのある行為
  • コンテンツの改ざんなど当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
  • 『地理統計Plus -WebGIS付き-』を購入していない者が本コンテンツを閲覧する行為
  • その授業を受ける生徒全員分の『地理統計Plus -WebGIS付き-』を購入していないにもかかわらず授業の提示用に使用する行為
  • 本コンテンツのユーザー名またはパスワードを第三者に漏洩する行為
  • その他、法令または公序良俗に違反する行為

上記行為が発覚した場合、本コンテンツの使用を停止することがあります。また、悪質な場合は損害賠償を求めることもあります。

Ⅳ.免責事項

  • 本コンテンツは当社発行の『地理統計Plus -WebGIS付き-』の最新版と対応するよう努めておりますが、記載内容の完全一致を保証するものではありません。
  • 本コンテンツは予告なく追加・変更・削除・利用停止等を行うことがあります。このことにより生じた直接又は間接のいかなる損失・損害についても当社は一切の責任を負いません。
  • 本コンテンツは、利用者の判断及び責任で使用してください。使用することで生じた利用者の直接又は間接の損害については、利用者がその一切の責任を負うものとします。
  • ArcGIS Onlineのメンテナンスや障害等、当社に起因しない理由により一時的に使用できない場合でも当社は一切の責任を負いません。なお、当社としては速やかに情報を入手し、事前の告知ができるよう努めてまいります。
  • ArcGIS Onlineのバージョンアップによる影響で、デザインや操作性などの仕様が大きく変更されることがございます。
  • 天災や戦争の発生、ArcGIS Onlineのサービス停止など、当社に予期できない不可抗力によって長期的に使用できなくなった場合、当社側で代替手段を検討したうえで、やむを得ずサービス内容の大幅な変更や縮小、一時停止をする場合がございます。
  • 本規約は予告なく変更されることがあります。

6.動作環境

  • 本コンテンツはGoogle Chrome、Microsoft EdgeまたはSafariの最新版ブラウザでご使用いただくことを推奨いたします。
  • その他のArcGIS Onlineの詳細な動作環境につきましては下記ウェブサイトをご覧ください。
    https://doc.arcgis.com/ja/arcgis-online/reference/browsers.htm
  • NEXT STEPはスマートフォンで使用いただけません。NEXT STEPを使用される場合はパソコンまたはタブレット端末でご覧ください。
  • なお、上記の動作環境を満たしていても、本コンテンツが全ての利用者のコンピュータ上で正常に動作することを保証するものではありません。また、地図の表示はパソコンの性能やインターネットの回線速度によって差が生じることをご理解ください。
帝国書院
ページTOPへ